文化庁の11年度芸術祭賞 川中美幸らに大賞

[ 2012年1月12日 06:00 ]

 文化庁は11日、優れた芸術活動を表彰する11年度芸術祭賞を発表した。大衆芸能部門の大賞に芸能生活35周年特別公演を開いた歌手川中美幸(56)、テレビ・ドキュメンタリー部門の大賞にETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図~福島原発事故から2か月~」を制作したNHKを選んだ。

 このほか、女子大生と家庭教師の出会いと成長を描いたドラマ「レッスンズ」を制作した関西テレビ、明治時代の記録を基に講談隆盛期の話芸を復元した講談師旭堂南陵(62)らが選ばれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年1月12日のニュース