「元気、笑顔届けたい」西野カナ ドレスもネイルも紅組仕様

[ 2011年12月29日 14:36 ]

「第62回NHK紅白歌合戦」リハーサルに登場した西野カナ

「第62回NHK紅白歌合戦」リハーサル

 初出場だった昨年に続いての出場となる西野カナ(22)は「たとえ、どんなに…」を歌う。「2年連続で出られるのはうれしい。去年はすごく緊張して震えてしまって…今年は皆さんに元気や笑顔を与えられるように歌いたい」と意気込んだ。

 今年の衣装について、西野は「紅組を意識して赤のミニドレスです。去年はバラがモチーフだったんですけど、今年はリボンをモチーフにしたドレスです。ネイルも赤にしました」とほほえんだ。

 今年を振り返り「濃い1年だった」と話した西野。「来年はもっとライブをして各地のみんなに会ってエネルギー、愛、パワーを届けたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年12月29日のニュース