水前寺清子 来年のテーマは“歩”「被災者に送りたい」

[ 2011年12月29日 06:00 ]

来年への思いをこめて、自宅で餅つきをする水前寺清子

 歌手の水前寺清子(66)が28日、都内の自宅で年末恒例の餅つきを行った。

 「今年はいろんなことがあった。東北の被災者の人を思うと、胸がふさぐようだ。特に星野(哲郎)先生から頂いた“三百六十五歩のマーチ”は40年以上歌ってきているが、ここにきて感じ方がズシリと変わって来た」といい、来年のテーマを「歩」の一文字に決めた。「被災者に、そのメッセージを送りたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年12月29日のニュース