PR:

立教大学【対東大2回戦】試合後インタビュー

対東大2回戦   立大11―2東大 ( 2017年5月7日    神宮 )

打った瞬間本塁打を確信する笠松(C)「立教スポーツ」編集部
Photo By 提供写真

 ◎溝口監督

 「ゲームとして2勝できたことはよかったと思いますが、勝ったからよいものの今日の試合はミスが続発していたので次の早大戦に向けて、引き締めてやっていかないといけないなと思っています。残りを勝ち切るためには、皆で守り切ることであったり、いやな走塁をする、無駄な四死球をなくすことなど、そういったことをやりきること、チーム一丸となってやることだと思います。今週はたくさんのファンの皆様が来てくださいました。ここまでは何とか食いついてきているので、ここ数年あと一歩という思いをしてもらっているので、今年こそは皆さんを喜ばせる戦いをしたいと思っていますが、本当にここから厳しい戦いが続くので、何とか踏ん張っていきたいです。」

 ◎逆転打を放った主将・熊谷#10

 「今日は最初危なかったのですが、勝てて良かったです。(手塚投手について)結構コースに投げていたので後ろで守りやすかったですし、キャッチャーとも意思疎通ができていたので良かったと思います。自分のバッティングは気持ちで打ちました。全然打ててなかったので、チームのみんなに打たせてもらったかなって感じです。(来週に向けて)警戒することは特にないのですが、自分たちができることを精一杯やって勝ちに繋げていきたいです。まずは早大と明大に勝たないと優勝争いには見えてこないので本当に1戦1戦全力で戦っていきたいなと思います。」

 ◎2本塁打5打点をあげた笠松#3

 「(3打席目まで無安打であったことについて)今までの自分であればそこで気持ちが切れて終わってしまっていたと思います。早大戦は個人的には4番としての役割を果たすことと、チームとしては早稲田戦へ向けて4日しかないですが、調整していきたいと思います。」

 ◎全4打席で出塁を果たした寺山#29

 「(2本目のヒットは同点の適時打となったが)強く振ることをいまは考えています。チームとして、ここからが勝負だと思います。改めて、GWでファンの方に感謝しています。自分たちはプレーでしか恩返しができないので、日ごろから恩返しできるように、練習を頑張っていこうと思います。」

 ◎先発で好投した手塚#19

 「いつも通りの投球ができました。低めに投げられてよかったです。甘くならないように意識した結果良いところに決まっているのだと思います。一人で戦えるようなチームではないので、みんなで一丸となって戦っていきたいと思います。」

[ 2017年5月9日 07:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月21日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム