PR:

立教大学【「戮力同心」春季リーグ戦直前インタビュー】<江波戸副将>

理想の捕手増を語る江波戸(C)「立教スポーツ」編集部
Photo By 提供写真

今季の副将に選ばれたのは、江波戸(コ4=成田国際)と藤田(営4=県岐阜商)。昨季よりもチーム力の高さが試される1年とあって、2人にかかる期待も例年より高いことが予想される。ともに昨季からリーグ戦ベンチ入りを果たしており、彼ら自身の自覚も相応のものであろう。そんな2人に今季への意気込みを語ってもらった。

 ◆江波戸龍星(コ4=成田国際)◆

 ――新チームの印象はいかがですか
 チームは春のキャンプを通して「一体感」をテーマにやっていました。学年関係なく1つのことに向かってお互い言い合う機会があるなど、良いチーム作りがキャンプを通して出来たので、それを持ち帰ってきてまた継続してやっていきたいです。チーム状況としてはとても良いと思います。

 ――昨シーズンまではご自身にとってどんなシーズンでしたか
 入部当初は3軍から始まって練習してきました。2年生の時に新人戦に入り、3年生の時にリーグ戦のベンチに入ることができたのですが入っただけでした。ベンチ入りの経験はできましたが、試合に出られていないのでやはり試合で活躍したいと思っていました。満足はしていないです。(―Cチームスタートということで最初は苦労されましたか?)はい、しました。高校もあまり強くなかったので、周りのレベルとか大学に入って違うなと心が折れそうになりましたが、なんとかやっていくうちに環境とかにも慣れてきてついていくことが出来ました。(―下級生から活躍していた同期や先輩はどのような存在でしたか)出場していなくても地域で有名だった選手が多くて、野球に対する考え方もレベルが高くて自分はレベルが低いところにいたなと最初は感じました。その中で、三年間を通していろいろな野球観を学びました。特に去年の先輩からは自分で見て勉強するようにしました。やはり澤田(2017年度卒=現オリックス)さん、田村(2017年度卒=現埼玉西武)さんとバッテリーを組ませてもらったときに、野球観や考え方を学べたなと思います。

 ――捕手として、今年の投手陣をどう引っ張っていきたいか
 後輩のピッチャーが多く4年生の投手で入るのは藤田だけであとは後輩なので、後輩をしっかり引っ張っていきたいというところは自分の中で大事にしています。(捕手は)本当に誰が出るかわからないです。藤野(営2=川越東)が候補として挙がっています。自分はもちろん出たいですが、もし出られなかったとしても副将としてバッテリーのチーフを担っているので、藤田と自分でベンチからでも相手のことをしっかり研究してやれることはやってくれと監督にも言われています。自分のプレーがどうこうというのは勿論ですが、チームとしてちゃんとやるべきことはやっていこうと思っています。

 ――江波戸選手の理想の捕手像
 好きな選手は城島(=元阪神など)選手です。国際大会でも打てるキャッチャーというイメージで、守備でも強肩な所が昔から好きでした。自分は打てるキャッチャーになりたいです。城島選手は強気で、自分はあまり気持ちが強くないので気持ちが強くなりたいですね!

 ――宮崎キャンプを振り返って
 宮崎キャンプはキャッチャーとして一体感をもって、高田(コ4=浦和学院)と2人で引っ張って、すごく良い練習が出来ました。送球もテーマにやりましたが、みんな送球もよくなったと思います。(バッテリーとしても)自分と藤田で中心となってやってくれという風に監督から言われていました。

 ――同じく副将で、バッテリーを共に引っ張ることになる藤田投手について
 結構緩いやつなのですが、野球に対する思いは強いです。それを普段は表さないのですが、話をするとしっかりと話してくれて、仲間思いでとても良い同期です。(――投手としては)まっすぐや腕の振れたチェンジアップが自分の中ではいいと思っています。しっかり腕を振って投げていけば、すごく良いピッチャーになると思います。

 ――最後の1年となる今年。優勝のために必要なことは
 監督からは「一体感、全力疾走」ということを口酸っぱくして言っていただいています。徹底事項の1つで、その徹底事項をやれば優勝できるかはわからないですが、100%やりきったうえでリーグ戦に臨んでいくことが大事だと思います。多分今までの3年間で100%出来たかというと出来ていないと思うので、徹底事項を本当にやり切ってリーグ戦に臨んでいけたらやり切ったという達成感をもちながら出来ると思います。そういう意味で、今年の春はすごく楽しみですね、去年までとは違うと思います。

 ――優勝の瞬間はやはり、ホームを守っていたいか
 そうですね。自分があの状況で出ていたらちゃんとキャッチャー出来るのかな、と去年から思っていました。(―去年までとは違う今年。神宮で結果を残す自信はあるか)わからないです。リーグ戦に出たことがないので。未知の領域なので出てみないとわからないですけど、去年よりは成長していると確信しています。

 ――最後に今シーズンに向けての意気込みと、応援してくださるファンに向けて一言お願いします
 もちろん自分の出場もありますが、チームの勝利が一番です。チームの勝利のために全力を尽くします。神宮には、ファンの方が本当にたくさん観にきて下さっているので絶対勝てるように頑張りたいと思います。

 ――ありがとうございました!(3月24日「立教スポーツ」編集部 取材・川村健裕、渡邉紘也/編集・川村健裕)

 ◆江波戸龍星(えばと・りゅうせい)1995年8月22日千葉県生まれ。コミュニティ福祉学部4年。右投左打/捕手/成田国際/176センチ・78キロ

[ 2017年4月14日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月28日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム