PR:

立教大学【対慶大1回戦】熱戦の末 痛い敗北

対慶大1回戦   立大7-8慶大 ( 2017年10月14日    神宮 )

全力投球する田中誠(C)「立教スポーツ」編集部
Photo By 提供写真

 先週の明大戦で勝ち点を落とし、後がない立大。自力優勝に向けた絶対に負けられない試合だ。立大は3本の適時打で勝ち越すも、9回で追いつかれてしまい決着は延長戦でつけることに。最終的には12回に押し出しで許した1点が決勝点となり試合終了。苦い敗北を喫し、優勝までの道のりはさらに険しいものとなった。

 立大が勝つ――。誰もがそう思った。5回表、慶大に同点適時打を浴び試合が拮抗状態になる。その裏、先頭打者の田中誠(コ2=大阪桐蔭)が放った打球は大きく弧を描いて右中間へ。この一打を機に、打線が奮起する。一死一、二塁の場面で3番・飯迫(社3=神戸国際大附)が適時打を放ち、流れは立大に。その後二死満塁とチャンスを広げ、打席に立ったのは今季リーグ3位の打率を誇る藤野(営2=川越東)。4球目、直球を鋭く振り抜く。打球は左中間へと大きく伸びる。その間に走者全員が生還し、一挙3点を獲得。猛攻の立役者は塁上で大きなガッツポーズを見せた。この回で立大は5得点を挙げ、一気に慶大を突き放す。しかし、慶大はこのまま一筋縄でいく相手ではなかった。

 7回、柳町(2年=慶應義塾)の適時打などを浴び一挙4失点。1点を守り切りたい立大だったが9回二死、河合(3年=関西学院)の適時打で同点に追いつかれてしまう。慶大ペースのまま、試合は延長戦へともつれ込む。なんとしても食らいつきたい立大だったが、流れを再び引き寄せることは出来なかった。延長12回、二死満塁のピンチで手塚(コ2=福島)が痛恨の四球。押し出しで1点が入ってしまう。その裏に得点を挙げることが出来ず、試合終了。慶大相手に痛い黒星となった。

 この一敗で、さらに窮地に立たされることになってしまった立大。だが、まだ諦めない。「まだ優勝を逃したわけじゃない。ここから4連勝する」(熊谷=コ4・仙台育英)。春季リーグも崖っぷちから優勝を掴み取ってきた。秋季も逆境をはねのけ、必ずや連覇を成し遂げてくれるに違いない。(10月14日「立教スポーツ」編集部・桑原由佳)

[ 2017年10月15日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月27日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム