PR:

立教大学【「戮力同心」春季リーグ戦直前インタビュー】<笠松悠哉内野手>

悔しかった思いを吐露する笠松(C)「立教スポーツ」編集部
Photo By 提供写真

レギュラー争いが激化する今季。主将の熊谷(コ4=仙台育英)以外で昨季からの経験を武器に戦えるのは、おそらくこの2人だけであろう。ともに、下級生の時からチームの中軸を担った、笠松悠哉(コ4=大阪桐蔭)と飯迫恵士(文3=神戸国際大附)。左右の大砲が語る、優勝に必要な打撃とは――。

 ◆笠松悠哉 (コ4=大阪桐蔭)◆

 ――昨シーズン振り返っていただけますか
 昨シーズンは春秋ともにあと一勝のところで負けてしまったという悔しさしかないです。同じグラウンドで戦っていて、あと一勝の重みというか、力が足りなかったなというのを実感させられました。

 ――4番として、警戒される部分も多かったのでしょうか
 去年は変化球が多くて、外の変化球で振らされたりすることが多かったので、今季はなんとかついていけるように対策していこうと思っています。自分の中ではバッティングを変えているつもりではあるので、そういったものをこの春に生かしていこうと思います。

 ――偉大な先輩方が卒業されて何か感じるものはありましたか
 去年のチームは個々の能力がとても高くて素晴らしいチームだったとは思うのですが、その中でも優勝できなかったというのは、どこかが足りなかったというのがあると思います。ですが、試合に出ていた人間として人間性というのはとても力になると思いましたし、そういう意味では先輩方にすごく励まされたというか、ミスをしても次に切り替えて前向きな言葉をかけてくださって、そういう面ですごく助かっていたなと思います。

 ――3人の先輩がプロの扉を叩きました。ご自身の心境になにか変化はありますか
 学年も一つしか違わないですし、同じグラウンドでプレーしていた者としてすごく刺激をもらいましたし、自分も頑張らないといけないなと思いました。

 ――4番へのこだわりは
 自分はあまり4番という器もないのですが、バッティングには自信もあるので、そういう意味では責任感は持っています。ですが、今のチームは「チームのために」という姿勢を持って個々でプレーはしないですし、全員で同じ方向を向いてプレーするというのが今のチームなので、どこを任されてもいいようにチームのために打席で何とかするというのを今は考えてます。そういう意味では自分の中では4番を打ちたいっていう気持ちはありますけれど、どこを任されても大丈夫だという心持ちでいます。

 ――では、打席内で本塁打へのこだわりを持っていますか
 去年はホームランを打てるバッターがたくさんいましたが、今年はそう簡単に大きい当たりは出ないと思います。ただ、大事な場面や一発を狙えるところで打っていくと、チームの勢いも変わると思いますし、そういう点ではホームランは大事ですしこだわっていきたいと思っています。

 ――打席で心がけていることはありますか
 自分の持ち味はフルスイングだと思っています。そこは欠かさずにどんな球にもやっていこうと思っています。ちょっと当てにいくバッティングになってしまうと自分の悪いところが出てなかなか打てない状況が続いてしまうと思うので、合わなくてもフルスイングでいこうという点にこだわっています。

 ――新チームの雰囲気はいかがですか
 誰かがミスをしても個人の問題ではなくチームの問題として捉えて、どこが駄目だったのかというのをチームで考えて、コミュニケーションをとれているということが大切な点であり、今よくできている点だと思います。スローガン通り一つのことにみんなが一緒になって取り組んでいくというのはいい方向に行っているのではないかと思うので、明るさはもちろんなのですが、そういうことができていれば試合にも活きていくと思います。

 ――最終学年になって、変えたことなどはありますか
 技術的な部分でもそうですが、最上級生になってからわかることもあって。Aチームにいるメンバーが去年とは変わっている中で初めての選手もいますし、そういう意味では自分がプレーで引っ張っていかないといけないという状況だと思っています。そういった場面での責任感というのが自分の一番の課題だったんです。人とのコミュニケーションであったり積極的に声を出したりというのが苦手だったので、最近は当たり前ですけど声出しや、チームを背中で引っ張るぐらいの姿勢が自分の中で大事にしています。その点は個人的に変えたところです。技術で引っ張るのはもちろんのですが、初めての人が多いのでまずはそういった部分から変えて、自分が経験してきたものを下にわかってもらうというか、気持ちを楽にさせてあげるということを心がけないと、いざ打席に立ったら緊張すると思うので、今のうちからそういう意識でやっています。

 ――リーグ戦の具体的な目標はありますか
 とにかく勝てれば良いです。欲を言えばホームラン5本、打点は10を超えたいと思っています。打率は2割後半で、盗塁は2、守備はそろそろ1シーズンノーエラーで終えたいですね(笑)

 ――最後に応援してくださるファンの方に一言お願いします
 去年もあと少しというところで優勝を逃して、ファンの方にも「惜しかったね」や、「もうちょっとだったね」と言われて、慰めてくれているようではあるのですが、選手としてはもう言われたくないと思いました。優勝してファンの方々に「優勝おめでとう」と言いたいです。何よりもファンの方の声が自分たちの一番の力になっているので、そういう意味ではファンの声援も借りながら優勝するのが恩返しになるというか、「あと一勝だった」っという昨季を打ち破ってしっかりとしたご報告をしたいと思います。今回は絶対優勝するという気持ちを持って挑むので応援してください!

 ――ありがとうございました! (3月24日「立教スポーツ」編集部 取材・浅野光青、久保田美桜、関根綾香/編集・川村健裕)

 ◆笠松悠哉(かさまつ・ゆうや)1995年9月28日大阪府生まれ。コミュニティ福祉学部4年。右投右打/内野手/大阪桐蔭/181センチ・85キロ

[ 2017年4月13日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月28日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム