【WBC】トラウトが大暴れ!勝てば準々決勝進出の米国が再逆転 西武育成・ヘレラが打たれる

[ 2023年3月16日 12:58 ]

WBC1次ラウンドC組   アメリカ-コロンビア ( 2023年3月15日    チェイス・フィールド )

3回に先制打を放ちポーズを決めるトラウト(AP)
Photo By AP

 第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドC組、米国-コロンビア戦が15日(日本時間16日)、米チェイス・フィールドで行われ、米国が5回に再逆転。トラウト(エンゼルス)が先制打に続く適時打と活躍を見せた。

 米国は1-2の5回1死二、三塁からトラウトが左前適時打。三塁走者のスミスに続き、二塁走者のベッツも生還。試合をひっくり返した。トラウトは3回にも2死二塁から中前に先制打を放っており、これで3安打3打点となった。

 コロンビアは先制された直後の3回裏にロドリゲスの適時二塁打などで2点を奪って逆転に成功。小刻みな継投で米国打線に立ち向かったが、5回1死二、三塁のピンチで5番手としてマウンドに上がった西武の育成・ヘレラがトラウトに痛恨の一打を許してしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年3月16日のニュース