×

阪神ドラ4・前川「甲子園初打席バックスクリーン弾」宣言 74年掛布以来の高卒1年目本塁打なるか

[ 2021年12月13日 05:30 ]

<阪神新人施設見学> 甲子園球場を訪れ笑顔の前川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト4位・前川(智弁学園)は、再び甲子園で躍動するイメージを膨らませた。

 「ずっと甲子園に憧れてやってきて、もう一回できるっていうところで、完璧にバックスクリーンにホームランを打ちたい」

 今夏、夏の甲子園で2本塁打した再現を狙い「自分のスイングをしたら行くと思うので、当てずにいったりせずフルスイングしたい」と初打席でのアーチも同時に宣言した。

 矢野監督が高卒新人の2軍スタートの方針を掲げる中で「しっかり体とかも大丈夫だったら1軍キャンプの可能性があるから」と1軍帯同の可能性を直接示された。「1月の練習でアピールして、1軍行きたい」とやる気満々だ。

 「引いてたら1年目からダメだと思うので、1年目から強気でいきたい」

 負けず嫌いの強打者は、開幕1軍を目標に、球団高卒1年目としては、74年掛布雅之以来の本塁打を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月13日のニュース