×

阪神ドラ2・鈴木 佐藤輝との対話心待ち 寮で隣室の大砲に「いろいろ聞きたいと思います」

[ 2021年12月13日 05:30 ]

<阪神新人施設見学> 甲子園球場を見学した阪神新入団選手たち(前列左から)鈴木、森木、桐敷、(後列左から)前川、岡留、豊田、中川、伊藤稜(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト2位・鈴木(創価大)は寮の隣室が佐藤輝の部屋だったことを明かし、大砲との対話を待ち望んだ。

 「これまでの生活リズムと全く違うと思うので、参考にできることはたくさんあると思う。いろいろ聞きたいと思います」

 球団新人最多を更新する24本塁打を放った一方で、2軍落ちも経験した怪物から話を聞くことは、投手と野手の違いこそあれ、必ず何かをつかめるはず。

 もう一つの隣室は同3位の桐敷。同じ左腕で共に大卒新人と共通点が多く「負けたくない気持ちはあるけど、一緒に切磋琢磨(せっさたくま)して成長し、いずれは(チームを)支える選手になりたい」と共闘を誓った。チームの左腕不足を解消する存在として期待がかかる男は「自分が持っている力をしっかりアピールできるように準備をやっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月13日のニュース