日本ハム・ドラ8北山 英語交え抱負「チャレンジ・ウィズ・ドリームの精神で」

[ 2021年12月6日 05:30 ]

新庄監督を中心にビックボスポーズで写真に納まる新入団選手達(前列左から5位の畔柳、3位の水野、1位の達、新庄監督、2位の有薗、4位の阪口、6位の長谷川、後列同、7位の松浦、8位の北山、育成1位の福島、育成2位の速水、育成3位の柳川、4位の阿部(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 5日に行われた日本ハムの新入団選手発表は、新庄監督が冒頭で「俺みたいなぶっ飛んだコメントがどれだけ聞けるか楽しみです」と振った後のアピールタイムとなった。場所は「ボーイズ・ビー・アンビシャス」の地、北広島市。ドラフト8位の北山(京産大)は「チャレンジ・ウィズ・ドリームの精神で」と英語を交えて抱負を述べた。

 持ち味は直球で、質が高いとされる毎分2500回転を計測する。来季から背番号22となる杉浦の元番号57を受け継ぐことが決まり、「魅力的なストレートを投げる杉浦投手に少しでも近づけるように取り組む」と先を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年12月6日のニュース