日本ハム・ドラ3水野「チビパワー見せる」1メートル71内野手が大男だらけの世界で闘志

[ 2021年12月6日 05:30 ]

新庄監督を中心にビッグボスポーズで写真に納まる新入団選手達(前列左から)5位・畔柳、3位・水野、1位・達、新庄監督、2位・有薗、4位・阪口、6位・長谷川、(後列同)、7位・松浦、8位・北山、育成1位・福島、育成2位・速水、育成3位・柳川、4位・阿部(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 5日に行われた日本ハムの新入団選手発表は、新庄監督が冒頭で「俺みたいなぶっ飛んだコメントがどれだけ聞けるか楽しみです」と振った後のアピールタイムとなった。

 ドラフト3位・水野(JR四国)は「全方向に長打を打つ自信がある。チビなりのチビパワーを見せる。大きい人ばかりのプロ野球で“あのチビ、やるやないか”というプレーをしたい」と息巻いた。新入団選手のうち3人が1メートル90超え。他にも大柄な選手がそろい、1メートル71の体は逆に目立った。

 大渕隆スカウト部長からは「思い切ったプレーができる。ゆくゆくは本盗や敬遠球打ちをやってくれそう」と新庄監督の現役時代の名シーンに絡めて紹介された。「あれができるのはビッグボスだけ。でも自分にできる何かを探していきたい」と水野。決まった背番号43を調べると、オリックス・山本が19年までつけていた。「僕もはい上がりたい。1桁をつけてプレーしたい。新人王を獲れるように頑張る」。開幕遊撃手の座を貪欲に狙う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年12月6日のニュース