広島ドラ3・中村は孝行息子 仮契約終えて「父が古い財布を使いっぱなしなので…」

[ 2021年12月6日 21:49 ]

仮契約を終えて広島・松本スカウト(左)と握手するトヨタ自動車・中村(撮影・河合 洋介)
Photo By スポニチ

 広島からドラフト3位指名されたトヨタ自動車・中村健人外野手(24)が6日、名古屋市内のホテルで交渉に臨み、契約金5000万円、年俸1100万円で仮契約を結んだ。

 「プロ野球選手になるんだな…という実感がかみしめるように沸いてきた。ここからが勝負だと身が引き締まる思いです」

 交渉の席で提示された大金に驚きながら、使い道について「お世話になった母校に少しでも恩返しできればと考えています」と明かした。また、父・起章さんを思い浮かべ「父が古い財布を使いっぱなしにしているので、財布を新調してあげたい」と笑顔を見せた。

 担当の松本有史スカウトからは「自分が頑張った分だけ(給料として)返ってくる世界。ケガに気をつけて」と声をかけられた。(金額は全て推定)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月6日のニュース