オリックス コーチ人事を発表 厚沢氏は1軍中心の投手コーチ、高橋氏は打撃コーチで若手育成

[ 2021年12月6日 16:30 ]

オリックス入団が決まった元日本ハム・厚沢1軍投手コーチ
Photo By スポニチ

 オリックスは6日、来季のコーチ人事を発表した。厚沢和幸氏(49)が投手コーチに、高橋信二氏(43)が打撃コーチに就任する。

 厚沢氏は国士大から94年ドラフト2位で日本ハムへ入団。04年からコーチとなり1、2軍の投手コーチなどを歴任し宮西らを育成し、今季は1軍投手コーチを務めていた。

 高橋氏は岡山・津山工から97年に日本ハムに入団。09年には打率・309、75打点を挙げ一塁手のベストナインに選出された。15年オフに日本ハム捕手コーチ兼打撃コーチ補佐に就任し、今季は1軍打撃コーチだった。

 球団は昨オフ、中嶋監督の改革案の一つとしてコーチ陣の1、2軍の枠組みを撤廃。来季も継続する。厚沢氏は1軍を中心に、高橋氏にはファームの若手育成を託す方針だ。

 福良淳一GMは「能見(兼任コーチ)が登録した時に、しんどいことがあったので、もう1人ブルペンにいた方がいいということで。(高橋コーチには)若い選手を見てほしいですね」と期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年12月6日のニュース