帝京平成大 来季から東都大学連盟加入 来春は4部からスタート

[ 2021年12月6日 05:30 ]

1月より帝京平成大が東都大学野球連盟に加盟することになり大島正克・東都大学野球連盟理事長(右)とグータッチする冲永 寛子・帝京平成大学長(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東都大学野球連盟は5日、帝京平成大が来年1月1日付で新加盟すると発表した。新規加盟は1959年の立正大、国士舘大以来63年ぶりで、同連盟は計22校となった。

 千葉県大学野球リーグで今秋2部初優勝を果たした同大は、1、2部入れ替え戦を辞退していた。千葉県内で開学したが、現在は在校生の8割が池袋、中野など都内キャンパスに通学。東都大学野球連盟は調査委員会を立ち上げて、都内に法人本部があることなどを協議し加入を認めた。

 来春は4部からのスタート。河野和洋監督(46)は「次なる夢は神宮で校歌を歌うこと。東都なら大勢に応援に来てもらえる」とした。同監督は明徳義塾時代の92年夏の甲子園で星稜・松井秀喜(元ヤンキースなど)を5敬遠し話題を呼んだ投手で、専大、米独立リーグなどでプレー。19年秋に帝京平成大監督に就任した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月6日のニュース