三菱自動車岡崎は痛恨のサヨナラ負け 阪神ドラフト対決も 6位指名の中野は無安打

[ 2020年11月25日 20:12 ]

都市対抗野球第4日   三菱自動車岡崎2―4JR東日本 ( 2020年11月25日    東京D )

<JR東日本・三菱自動車岡崎>6回1死、三菱自動車岡崎・中野はJR東日本・伊藤に投ゴロに打ち取られる(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 痛恨のサヨナラ負けで2年連続の初戦突破はならなかった。初回、飯嶌が先頭打者本塁弾を放ち、1―2の2回には7番・小室の右越え二塁打で同点としたが、3回以降は無得点。先発・秋山は2回以降は安定した投球を続けたが、9回にサヨナラ2ランを浴びて力尽きた。

 “阪神対決”にも敗れた形だ。阪神からドラフト2位指名されたJR東日本先発・伊藤を攻略することができず。同じく阪神6位指名の中野は「2番遊撃」でスタメン出場したが、伊藤に対して4打数無安打に終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月25日のニュース