茨城県高野連 代替大会ではベンチ入り枠撤廃 7・11開幕、8・4決勝

[ 2020年6月9日 19:26 ]

 茨城県高野連は9日、水戸市内で理事会を開き、代替大会の詳細を発表。大会名は「2020年夏季茨城県高等学校野球大会」で7月11日開幕、8月4日決勝の日程で実施する。従来20人だったベンチ入り枠を撤廃し、背番号を付けていれば何名でも試合出場が可能となる。榎戸努専務理事は「3年生にとって最後の大会。背番号30番でベンチに入れたというだけで、本人はもちろん親もうれしいと思う」と語った。

 1、2回戦は同地区内での対戦とし、3回戦以降は再抽選で対戦を決定。開会式、閉会式は行わない。一度にベンチ内に入れるのは15人で、試合前後の整列も出場の9名に限るなど新型コロナウイルス感染防止対策も徹底する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年6月9日のニュース