ロッテ 本拠1軍主催試合で「メルセデス・ベンツ球」使用 井口監督“愛用”が縁で実現

[ 2020年6月9日 05:30 ]

「メルセデス・ベンツ」のロゴ入り統一試合球を手にポーズを決める井口監督
Photo By スポニチ

ロッテが今季本拠地の1軍主催公式戦で、「メルセデス・ベンツ日本」の企業ロゴが刻印された統一試合球を使用することになった。

 井口監督が長年ベンツを愛用していることが縁で実現。指揮官は「世界に誇る自動車のようにマリーンズも今シーズン、勝ち抜きプロ野球の頂点に立ちたい」と意気込んでいるという。

 本拠地初戦は開幕2カード目となる23日のオリックス戦。最速163キロを誇るドラフト1位の佐々木朗が「メルセデス・ボール」で球界最速165キロの更新するかも注目されそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月9日のニュース