ソフトB・明石 子供たちへウズウズしたら「腕立て100回、腹筋100回」

[ 2020年4月24日 05:30 ]

オンラインで取材を受ける明石(球団提供)
Photo By 提供写真

 ソフトバンク・明石が23日にペイペイドームで行った自主練習後にオンラインで取材対応し、新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす子供たちに体力強化を呼びかけた。

 「僕ら年を取っていても家にいるとウズウズしてくる。(子供たちは)もっとウズウズしてる。腕立て100回、腹筋100回すれば、ウズウズも疲れて収まってくると思います。あとお父さん、お母さんのお手伝いをしてください」

 昨年4月25日のオリックス戦では、サヨナラ弾を放ってバック宙でホームイン。球場を沸かせた華麗な技は鍛え上げた体が源だ。オフには「またファンの皆さまに一つ記憶に残ることをしたい」と話していたが、開幕は不透明なまま。17年目のベテランはウズウズしている。「体は出来上がっているので(自主練習の)第1クールからランメニューと体幹で上げている。下半身がバテるとパフォーマンスに関わるし、打撃が崩れることが多いので重点的に」。子供たちに勧めるだけでなく自身も体幹を鍛えた。

 家では「手伝い」も積極的に行う。「シーズン中は、帰宅したら食事があるのが当たり前。作る過程に時間がかかるのが凄く分かった」と妻に感謝しながら話した。「いつ開幕してもいいようにモチベーションを上げている。開幕したら楽しんでもらえるプレーをしたい」と再び魅せるために準備中だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月24日のニュース