巨人・大江「課題はっきりした」シート打撃で16球 裏方さんへの感謝も

[ 2020年4月24日 15:50 ]

巨人・大江
Photo By スポニチ

 巨人・大江竜聖投手(21)が24日、川崎市のジャイアンツ球場でシート打撃に登板した。

 昨季1軍デビューを果たした4年目左腕は村上や加藤脩らに16球。「実戦に近い形での練習ができて良かったです。課題がはっきりしたので修正していきたいです」と振り返った。

 この日、室内ではなくグラウンドでシート打撃ができたのは、新型コロナウイルスの感染防止対策のため、限られた人数の中、練習に協力してくれるスタッフがいるからこそ。選手たちは「このように練習してコンディションを整えられるのは裏方さんのお陰です。裏方さんのサポートなくしては何もできません。日々、裏方さんへの感謝を忘れずに取り組んでいます」と感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月24日のニュース