ロッテ・福田光 「スラムダンク」に学ぶ「勝利への執念 セリフが熱い」

[ 2020年4月24日 05:30 ]

バットを持つロッテ・福田光
Photo By 提供写真

 ロッテのドラフト5位・福田光が人気バスケットボール漫画「スラムダンク」にはまっていることを明かした。

 不要不急の外出が禁止される中で周囲から薦められ、アニメ版を視聴。同作品は96年に連載を終了しており、97年生まれの22歳とは縁がなかったが「刺激になっています。諦めないことの大切さや勝利への執念。セリフが熱く、名言があって自分も学んでいます」と生きた教材となっている。

 現在は毎日2時間ほど、体幹やインナーマッスルを鍛える時間に充てており「プロは試合数も多いので、それについていく体をつくる期間にしたい」。豪快なスイングが売りで大阪桐蔭、法大では主将も務めた左の大砲候補は、地道にプロ仕様の肉体をつくり上げていく。 (花里 雄太)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月24日のニュース