阪神・サンズ 開幕心待ち「早く終息してファンの応援の前でプレーしたい」

[ 2020年4月24日 15:26 ]

甲子園で自主練習にのぞむサンズ(阪神タイガース提供)
Photo By 提供写真

 阪神のジェリー・サンズ外野手(32)が24日、甲子園でウエートトレーニングや打撃練習など、約2時間、体を動かした後にオンライン取材に応じた。

 「外でバッティングして気持ちいいですし、自分のスイングを見たり、飛んでいく打球の質も見られるのでうれしい」

 15日の活動再開から甲子園で汗を流せることへの感謝を口にした助っ人。活動休止中には5歳と3歳の息子と外でランニングしたり、ソフトボール経験者のモーガン夫人とキャッチボールを行っていたことも明かした。「投げたいときにキャッチボールすることができたので助かりました」。時間を見つけては子どもたちに夫婦で勉強を教えるなど、家族の充実した時間を過ごしてきた。

 インスタグラムでは日本野球の映像も視聴。盛り上がる甲子園の様子を見て「早く終息してファンの応援の前でプレーしたい」と満員の甲子園でのプレーを心待ちにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月24日のニュース