阪神・能見「徐々に上げていけるように」コロナ感染から復帰の藤浪らにもエール

[ 2020年4月24日 11:47 ]

阪神・能見
Photo By スポニチ

 阪神・能見篤史投手(40)が24日、甲子園でキャッチボールやウエートトレーニングなど約2時間の練習を行った後、オンライン取材に応じた。

 開幕が決まらない現状に対しては「投げ込みもできてないですし、3週間できない日々があったので、徐々に上げていけるようにはしています。(調整は)逆算できないので難しいですね」と率直な心境を口にした。

 活動停止中も「ほとんど練習できなかった」と苦労したようだが、自宅では小学生の子ども3人に勉強を教えるなど、普段できないことにも挑戦。「結構難しいことをしているなと思います。逆にわからないものもありました」と父親としての一面をのぞかせた。

 また、新型コロナウイルスに感染した藤浪ら3選手から謝罪があったことも明かし、「これから頑張っていこう」と励ましの声をかけたようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月24日のニュース