日本ハム・栗山監督 “無観客”開幕案に「やることが良いのか悪いのかはしっかり考えないと」

[ 2020年4月24日 05:30 ]

栗山監督(球団提供)
Photo By 提供写真

 日本ハム・栗山監督が生活拠点を置く北海道栗山町の「栗の樹ファーム」でオンライン取材に応じ、12球団代表者会議で無観客開幕の可能性が話し合われたことに「野球をやらせてもらえるなら、やった方がいい。待っているとファンに思っていただいているならうれしいが、やることが良いのか悪いのかはしっかり考えないと」と複雑な胸中を語った。

 3月末に自主練習に入って以降、感染リスクを考慮して選手への指示を行っていない。「選手が動きだすと何か起こるかもしれない。一言声を出すのも監督として怖い状況」だという。「移動など接触が多くなった時のことは立場上気になる。(感染拡大防止策を)妨げないようにしないといけない、というのが(試合を始める)前提」と言葉を続けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月24日のニュース