近藤、攻守に躍動 チーム唯一のマルチ安打「いい感じで打てた」

[ 2019年11月2日 05:30 ]

侍ジャパン強化試合   日本3―0カナダ ( 2019年11月1日    沖縄セルラー )

8回1死一、二塁、適時打を放つ近藤 (撮影・成瀬 徹)      
Photo By スポニチ

 近藤が攻守に奮闘した。初回に右中間三塁打を放つと、8回1死一、二塁では左前適時打。チーム唯一のマルチ安打に「いい感じで打てた。知らない投手ばかり。いつもより早いカウントで振る意識でいる」。

 守備では離脱した秋山に代わり、プロ8年間で一度もない中堅でスタメン出場。右翼に回った7回にはダイビングキャッチを見せるなどハッスルした。丸の合流後も外野の各ポジションを守る可能性があり「やるべきことをやって、しっかり準備したい」と頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月2日のニュース