浅村、実戦4試合目で初安打 不慣れ一塁守備も「自分もいい勉強になっている」

[ 2019年11月2日 05:30 ]

侍ジャパン強化試合   日本3―0カナダ ( 2019年11月1日    沖縄セルラー )

2回1死、右前打を放つ浅村(撮影・成瀬 徹)      
Photo By スポニチ

 浅村が宮崎で行われた練習試合を含め、実戦4試合目で初安打を放った。2回1死で変化球にうまく合わせ、右前打とした。4回1死二、三塁では一ゴロで打点を挙げ、先制点を生んだ。「周りが凄いので、自分もいい勉強になっている」と話し、守備では不慣れな一塁をそつなくこなしている。

 長打力と勝負強さが魅力で、全試合に6番で先発出場。4番・鈴木と2人だけが打順を固定されており、稲葉監督の信頼は厚い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月2日のニュース