エンゼルス・大谷の同僚スカッグス投手が急死…2日の試合は中止に

[ 2019年7月2日 07:50 ]

エンゼルス・スカッグス(AP)
Photo By AP

 米大リーグのエンゼルスは1日(日本時間2日)、タイラー・スカッグス投手が、遠征先のテキサス州で死去したと発表した。27歳だった。死因は公表されていない。同日にアーリントンで予定されていたレンジャーズ戦は中止となった。

 スカッグス投手は2009年ドラフト1巡目指名でエンゼルス入りした左腕。今季は開幕から15試合に先発し7勝7敗、防御率4・29。大谷が6戦ぶり無安打に終わり、チームは零敗した6月29日(同30日)の本拠地アスレチックス戦に先発し4回1/3を投げ2安打2失点で敗戦投手になっていた。

 メジャー通算は96試合で28勝38敗、防御率4・41。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月2日のニュース