元ヤクルト伊藤智仁、1年目キャンプで野村監督に“抵抗”…鼻で笑われた

[ 2019年2月5日 09:00 ]

1年目のキャンプでフォークを練習した伊藤
Photo By スポニチ

 【平成キャンプ回想録(5)ヤクルト・ドラ1伊藤智仁】 古田さんと同部屋だったのは1年目の(米アリゾナ州)ユマキャンプで一番いい経験でした。いろいろ教えてもらった。「今のプロ野球は落ちる球が必要」と言われ、社会人時代にそこまで自信がなかったフォークを公式戦で使えるようにしたのも、その一つです。

 調整はある程度任されて、ブルペン入りは第2クール。野村監督に「おい、スライダー投げろ」と言われ「まだ投げません」と断りました。直球をしっかり投げてから、スライダーはいつでも投げられる、と思っていたので。監督は「フン…」と鼻で笑っていました。

 若手が交代でインスタントラーメンを作る「ラーメン当番」の日に、足に張りがあった。トレーナー室でベテランの方たちの冷たい視線を浴びながら、先に治療を受けたのを覚えています。 (楽天投手チーフコーチ)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月5日のニュース