元ヤクルト、DeNAの田中浩康氏が早大コーチ就任 小宮山監督をサポート 学生野球資格回復116人承認

[ 2019年2月5日 17:10 ]

田中浩康氏
Photo By スポニチ

 ヤクルト、DeNAでプレーし、昨季限りで現役を引退した田中浩康氏(36)が母校・早大野球部のコーチに就任することが5日、わかった。

 この日、日本学生野球協会の資格審査委員会が行われ、116人が資格を回復。田中氏も承認され、資格を回復したことが公表された。

 尽誠学園から早大に進学した田中氏は東京六大学リーグ全試合に出場。史上24人目の大学通算100安打も達成。04年ドラフト自由獲得枠でヤクルトに入団。DeNA時代も含め実働14年で、二塁手のベストナイン2度、ゴールデングラブ1度を受賞するなど名プレーヤーとして知られた。

 今後は主に野手の指導をする見通しで、小宮山悟新監督をサポートしていく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月5日のニュース