巨人の新助っ人クックがクッキーパワー注入 鳩サブレー食べ「おいしかったよ」

[ 2019年2月5日 20:30 ]

<巨人宮崎キャンプ>メルセデス(左)とヤングマン(右)が見守る中、ピッチングをするクック(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の新助っ人クックが「クッキーパワー」を注入した。

 ニックネームが「クッキー」の右腕は、ブルペンで41球の投球練習。右打者の外角のコースへのチェンジアップも投げ込み、「ストライクを取るボール、打ち取るボールを意識した」と話した。

 前日には人気のお菓子「鳩サブレー」を食べたといい「おいしかったよ」。クッキーでエネルギーを注入。第1クールを笑顔で終えた。

 打の新助っ人であるビヤヌエバも充実の表情。シート打撃では無安打だったが「(日本のキャンプで)いい経験をしていると思う。徐々に慣れてきたし、今日もボール自体は見えていた。これからタイミングを微調整して合わせていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月5日のニュース