横浜高OBメジャー登板は松坂と高橋建の2人

[ 2017年11月27日 05:30 ]

小倉氏から激励される涌井(右)
Photo By スポニチ

 横浜高校出身者でメジャー登板を果たしたのは松坂と高橋建の2人。

 松坂は西武からポスティングで07年にレッドソックス入り、14年にメッツを退団するまで8年間で158試合に登板、56勝43敗、防御率4・45だった。高橋は09年にFAでメッツ入り。28試合0勝1敗、防御率2・96。翌年に広島へ復帰した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月27日のニュース