ロッテ ドラ2藤岡と契約「試合に出てナンボの世界 必要だと思われる選手に」

[ 2017年11月27日 17:46 ]

契約を終え、ロッテのお菓子を前にポーズを取るドラフト2位の藤岡
Photo By スポニチ

 ロッテは27日、ドラフト2位指名したトヨタ自動車・藤岡裕大内野手(24)と豊田市内で入団交渉に臨み、契約金8000万円、年俸1430万円(金額は推定)で契約した。

 走攻守3拍子揃った社会人No.1内野手。「まずは開幕1軍を目指していきたい。そして1年間を通して、源田さんのように全試合フルイニング出場をやってみたい。試合に出てナンボの世界なので、必要だと思われる選手になりたい」と目標を掲げた。

 同じトヨタ自動車の1学年先輩である源田(西武)は、1年目からフルイニング出場を達成して新人王に輝いた。史上4人しか成し遂げていない快挙を、藤岡もしっかりと見据えている。チームは遊撃のポジションが空いており、平沢や三木、大嶺翔らと争っていくことになる。「売りは肩。深いところからでもアウトにできる守備をアピールしていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月27日のニュース