大谷代理人から米30球団に“宿題” 適合性や利点を書面で説明求める

[ 2017年11月27日 05:30 ]

大谷の代理人を務めるバレロ氏
Photo By スポニチ

 日本ハム・大谷の代理人を務めるネズ・バレロ氏が、入団した場合の適合性や利点などを書面で説明するよう米30球団に要請していたと、AP通信が25日(日本時間26日)に報じた。要請は24日に大リーグ機構(MLB)を通じて各球団へ伝えられた。

 質問は投手や野手としての評価から球団施設、本拠地の文化的魅力、起用方針など7項目。日本語と英語で「可能な限り早く」の返答を求めている。12月1日(同2日)に発効する見込みのポスティングシステムで交渉期間が30日から21日に短縮された大谷のため、文書でのプレゼンが可能となった特例措置を受けてのもの。米国は23日の感謝祭から週末にかけて4連休だったが、獲得を目指す球団は「宿題」を与えられた形となった。

 ニューヨーク・ポスト紙は「口述試験(面談)の前に筆記試験がある」と報道。大リーグ公式サイトでは大谷が中学時代に打者18人との対戦で17三振を奪った動画が紹介されるなど、二刀流右腕への注目は高まる一方だ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年11月27日のニュース