楽天 ウィーラーら6外国人選手と契約「来年こそは東北にチャンピオンフラッグを」

[ 2017年11月27日 15:43 ]

 楽天は27日、フランク・ハーマン投手(33)、ジョシュ・コラレス投手(27)、宋家豪(ソン・チャーホウ)投手(25)、ゼラス・ウィーラー内野手(30)、ジャフェット・アマダー内野手(30)、カルロス・ペゲーロ外野手(30)と来季の契約を結んだと発表。宋は背番号94から43に変更となる。また、ルイス・クルーズ内野手(33)との契約は結ばず、退団が決まった。

 ▼ウィーラー 来年はチームひとり、ひとりが優勝を目指して、やる気全開、闘志むき出しで挑みます。来年こそは東北にチャンピオンフラッグを持って来られるように頑張りますので、引き続き、応援よろしくお願いします。

 ▼ハーマン 来年もう一度「日本一を東北に」という目標を達成すべく、また仙台に戻ることができとても嬉しく思います。今年は優勝まであと少しで、収穫の多いシーズンだったと思います。この経験を活かし、今年できなかった優勝を目指して精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします。

 ▼アマダー 来シーズンもチャンスを与えてくれたチームに本当に感謝しています。少しでもチームの勝利に貢献できるように頑張りますので、来年も熱い声援をよろしくお願いします。

 ▼ペゲーロ 来シーズンもチームに戻ってくることができ、再び日本一を目指して戦えることを大変嬉しく思います。このチームならば頂点に辿りつけると信じています。

 ▼コラレス 今年はまず私をサポートしてくださった皆さまに感謝を伝えたいです。BCリーグからプロ野球で挑戦する機会をもらいましたが、自分の力を発揮できず悔しいシーズンとなりました。来年の目標は自分のピッチングに妥協せずに取り組み、最高のパフォーマンスで勝利に貢献することです。 

 ▼宋家豪「2年目の今年、第一目標の支配下登録を達成することができました。来年も全力でチームの勝利に貢献していきたいです。また、監督・コーチ・チームメート、そしてファンの皆さんともっとコミュニケーションをとれるように日本語の勉強も頑張ります。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月27日のニュース