巨人ドラ2岸田“古田2世”になる「開幕スタメン目指す」

[ 2017年11月2日 05:30 ]

“古田2世”になることを宣言した巨人ドラフト2位の岸田
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト2位・岸田(大阪ガス)が兵庫県内で岡崎郁スカウト部長らの指名あいさつを受け「古田2世」になることを誓った。

 即戦力の正捕手候補。憧れの存在は同じ兵庫県川西市出身の元ヤクルトの古田敦也氏だ。「打てる捕手が一番かっこいい。古田さんのような選手になりたい」。父・辰則さん(53)は川西明峰高で1学年後輩だった古田氏との正捕手争いに敗れ、遊撃にコンバートされた因縁もある。

 岡崎スカウト部長は「総合力と安定感で勝負できる選手」と高く評価する。岸田は正捕手の小林に挑戦状を叩きつけ「開幕スタメンを目指す。最終的に2000安打を打てるような選手になれれば」と力強く話した。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年11月2日のニュース