ロッテ井口監督 納得の秋季キャンプ初日「密度の濃い練習」

[ 2017年11月2日 05:30 ]

田村(右)を指導する井口監督
Photo By スポニチ

 午前9時からスタートしたキャンプ初日。ロッテ野手陣の全体練習は午後2時半まで行われた。最後は12選手が並んでロングティーを行うなど徹底的に振り込み。井口監督は「密度の濃い練習だった。下半身を使って振り込むことが結果につながる。見ての通り選手がヘトヘトなのでいいこと」と満足げに振り返った。

 個人練習も見守り、球場を後にしたのは午後6時すぎ。約9時間、精力的に動き回った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月2日のニュース