グリエル 打席でダルビッシュに謝意 ヘルメット脱ぎ頭下げる

[ 2017年11月2日 11:05 ]

ワールドシリーズ第7戦   ドジャース―アストロズ ( 2017年11月1日    ロサンゼルス )

<ドジャース・アストロズ>ヘルメットを脱いで頭を下げるグリエル (AP)
Photo By AP

 アストロズのグリエルが打席でヘルメットを脱ぎ、頭を下げてドジャースのダルビッシュに謝罪した。

 グリエルはワールドシリーズ第3戦でダルビッシュから本塁打を放った後、ベンチでアジア人への差別と受け取られかねないゼスチャーをしたため、大リーグ機構から来季開幕から5試合の出場停止処分を受けた。

 「深く後悔している」とグリエルは自身の行為を謝罪したが、ダルビッシュは「謝罪の必要はないし、気にしていない」と対応。それでも、グリエルは騒動後、初のダルビッシュとの対戦となった第7戦の第1打席でヘルメットを脱ぐと、マウンドの右腕に向かって軽く頭を垂れた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月2日のニュース