DeNA 1番・桑原に待望シリーズ初安打 15打席目でやっと…

[ 2017年11月1日 19:08 ]

SMBC日本シリーズ第4戦   DeNA―ソフトバンク ( 2017年11月1日    横浜 )

<D・ソ>1回に右前打を放つ桑原
Photo By スポニチ

 プロ野球のSMBC日本シリーズ(7試合制)は1日、横浜スタジアムで第4戦が行われ、DeNAの桑原将志外野手(24)が初回に今シリーズ初安打を放った。

 桑原はこれまでと同様に「1番・中堅」で先発。初回にソフトバンク先発の左腕・和田が投じた初球の真ん中直球を右前へ運んだ。日本シリーズはこれまでの3試合で13打数ノーヒット。10月24日に行われた広島とのCSファイナルステージ第5戦(マツダ)で8回に左前打を放って以来16打席ぶりとなる安打は、今シリーズ15打席目での待望の初安打となった。

 桑原は3回の第2打席でも和田から中前安打。2打席連続安打で復調を印象付けた。

 クライマックスシリーズ(CS)で阪神、広島を連続撃破し、セ・リーグ3位ながら38年ぶり日本一に輝いた1998年以来19年ぶりの日本シリーズ出場を果たしたDeNA。だが、ここまで3連敗を喫し、ソフトバンクに日本一へ王手をかけられている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月1日のニュース