【三重】“田中3兄弟”菰野2年・法彦 自己新147キロ出た

[ 2017年7月19日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権三重大会2回戦   菰野6―2高田 ( 2017年7月18日    四日市市営霞ケ浦 )

 9年ぶり聖地を目指す菰野(こもの)に楽しみな2年生右腕が現れた。先発マウンドに上がったのは、プロ注目の岡林飛ではなく田中法彦で、5回1安打1失点と好投した。

 「岡林さんが注目される中、自分もいるのを見せたかった」と、2回2死から長谷川に投じた4球目は、自己最速を更新する147キロを計測した。

 2歳上の長兄・大輔さんは昨年まで同校野球部に所属。1歳上の次兄・和師も現チームで遊撃手。昨夏は最初で最後の3兄弟が菰野に在籍できた時期だったが2回戦で敗退。「甲子園に行けなかった兄の分まで…というのはある」と法彦は力を込める。悲願まで残り4勝。「これからもチームのために得点を取られないような投球をしたい」と頂点を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年7月19日のニュース