広島・ルナ抹消 松原チーフトレーナー「レベルの走塁はリスク」

[ 2016年4月17日 14:04 ]

<巨・広>3回無死満塁、新井の左前打で二走ルナが右脚を押えながら生還

 広島のルナが17日、右太もも裏の負傷で出場選手登録を外れた。16日の巨人戦の3回、中前適時打を放ち、新井の左前打で二塁から生還する際、三塁を回ったところで右足を引きずり、太もも裏を押さえながらホームイン。その裏の守備から交代。

 松原チーフトレーナーは「朝の状態を見て、試合レベルの強度の走塁はリスクがあると判断した」と説明。近日中に広島で精密検査を受ける。ルナに代わって、堂林が登録された。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年4月17日のニュース