中日ジョーダン 初先発は及第6回1失点 谷繁監督「十分」

[ 2016年4月8日 05:30 ]

<中・D>6回4安打1失点の中日・ジョーダン

セ・リーグ 中日1―1DeNA

(4月7日 ナゴヤD)
 今季初の延長12回引き分け。中日は打線が決め手を欠く一方、来日初先発のジョーダンは6回4安打1失点とまずまずの内容だった。

 1―0の5回まで2安打も、6回の先頭・白崎に左翼席へソロアーチを浴びた。「勝たないといけない試合。ホームランを打たれてはいけない場面で打たれてしまった」と反省した。谷繁監督は「十分」と評価し、森ヘッドコーチも「ホームランは痛かったけど、いい薬だろう。(ローテから)変えるわけにいかない」と次回も先発として起用する方針を示した。

 ▼中日・森野(今季初昇格し、同点の8回1死一、二塁に代打で登場し遊ゴロ)結果が全て。打てなかったのは悔しい。でも、まだ4月。取り返せるチャンスがあると思ってやっていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月8日のニュース