マエケンにチームメートら感謝!試合早く終わり空路移動可能に

[ 2016年4月8日 01:30 ]

パドレス戦で先発したドジャースの前田 (AP)

ナ・リーグ ドジャース7―0パドレス

(4月6日 サンディエゴ)
 ドジャース・前田のテンポのいい投球に、チームメートやスタッフ一堂が感謝した。翌7日(日本時間8日)は敵地サンフランシスコでジャイアンツと、午後1時35分開始のデーゲーム。サンディエゴ空港は午後11時以降は離着陸が禁止されるため、この日のナイターが長引いた場合、チームは2時間以上かけてバスでロサンゼルスへ戻り、そこから深夜便で空路サンフランシスコ入りすることになっていた。

 前田の好投で2時間57分と試合は早く終わり、午後10時10分には球場を離れ、みんな笑顔でサンディエゴ空港へ。意気揚々と空路サンフランシスコへと飛び立った。2時間以上のバス移動では体力も削られるし、翌日のデーゲームに備えた睡眠時間も限られてしまう。

 次なるは同地区の宿敵との伝統の一戦。ジ軍は敵地でのブルワーズとの開幕3連戦を2勝1敗と勝ち越した。「油断できる相手じゃないよ。彼らはミルウォーキーでとてもいい試合をしてきたからね」と警戒したのは9日(同10日)に先発予定のエース・カーショー。開幕からの連勝街道を歩み続けるため、前田のデビュー戦のパフォーマンスが意外な形で助けとなるかもしれない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月8日のニュース