余裕が…ヤク真中監督 元同僚ラミレス監督より自分たち

[ 2016年4月8日 05:30 ]

 ヤクルトは、8日からDeNAとの敵地3連戦。真中監督は現役時代に同僚だったラミレス監督との初対決にも、目先の戦いに集中する考えを強調した。

 開幕前は「ラミレスに負けたくない」と闘志を燃やしていたが、3勝7敗と出遅れてチーム状況に余裕がない。「相手より自分たちの戦い。選手が意識してしまうので気にしない」と語った。球団通算4000勝に王手を掛けてから3連敗。負ければ最下位転落の危機で、初戦に先発する小川は「キーマンは筒香だと誰でも分かっている。強気に押していきたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月8日のニュース