前年覇者パイオニア 救援陣踏ん張った 1点リード守り切る

[ 2016年4月8日 05:30 ]

スポニチ後援白龍旗争奪野球第4日・準々決勝 パイオニア3―2東京ガス

(4月7日 東京ドーム)
 パイオニアが前年度優勝チームの地力を見せた。

 2回に3本の長短打で3点を先制。先発の長谷川が4回に四球から崩れて1点差に詰め寄られたが、5回から昨年の大会でMVPを受賞した竹本、松田とつないでリードを守り切った。赤坂恵一監督は「流れを断ち切って、よく相手を抑え込んでくれた」と救援陣の踏ん張りを称えた。

 ▽準々決勝
東京ガス(ガス)
 000 200 000―2
 030 000 00X―3
パイオニア(前年度優勝)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月8日のニュース