古谷、初先発で振るわず…四球絡み失点「申し訳ない」

[ 2016年4月8日 23:02 ]

パ・リーグ ロッテ3-5西武

(4月8日 QVC)
 ロッテの古谷が今季初先発したが、5回までに3点を失って降板した。3回に3四球を与えて2失点するなど、全ての失点に四球が絡む内容で「野手のリズムも崩してしまい申し訳ない」と反省した。

 チームは前日(7日)までのソフトバンクとの3連戦では、延べ12人の救援投手を起用していた。この日は福岡から本拠地に移動しての試合で、伊東監督は「疲れもあると思う」と話していたが、またも先発投手が長い回を投げることができなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月8日のニュース