大商大・岡田 151キロ出た!巨人スカウト部長「西では一番」

[ 2015年6月9日 05:30 ]

<西日本工大・大商大>大商大・岡田は9回途中まで3安打1失点に抑えた

第64回全日本大学野球選手権第1日・1回戦 大商大4―1西日本工大

(6月8日 神宮)
 今秋ドラフト上位候補の大商大・岡田が全国デビューで強烈な輝きを放った。2回に自身の失策が絡み、スクイズで1点を先制されたが、尻上がりに調子を上げると、6回は城須を149キロ直球で空振り三振。直球はロッテのスピードガンで自己最速となる151キロをマークし、8回0/3を被安打3の1失点。

 24年ぶりの初戦突破へ導いた右腕は「先に点を与えてしまったので50点」と自己評価は厳しかったが、10人態勢で視察した巨人の山下哲治スカウト部長は「西(の大学)ではこの子が一番」と評した。

 ▼西日本工大・中嶋(9安打4失点完投負け)弱さが出た。自分が流れを持ってこられなかった。(投げ合った岡田は)凄いなと思った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年6月9日のニュース