阪神 9年ぶり日本S決めた!速攻3発、宿敵巨人を4連破

[ 2014年10月18日 21:42 ]

<巨・神>日本シリーズ進出を決め、喜びを爆発させる西岡(手前右)ら阪神ナイン

セ・リーグCSファイナルS第4戦 阪神8―4巨人

(10月18日 東京D)
 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)第4戦が18日、東京ドームで行われ、レギュラーシーズン2位で勝ち上がった阪神がリーグ優勝の巨人を8―4で下し4連勝。4勝1敗(巨人のアドバンテージを含む)で2005年以来、9年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

 猛虎打線が初回から牙をむいた。2死一、二塁で5番マートンがCS初先発の小山から左中間へ先制3ラン、続く福留も右越えソロ本塁打を放ち2者連続本塁打でこの回、4点を奪った。

 2回にも1死二塁から西岡の右越え2ランが飛び出し、早々と小山をKO。序盤に3本塁打の一発攻勢で試合の主導権を握った。6―2の7回にも4番ゴメスが左前にダメ押しの2点適時打を放ち、勝利をグッと引き寄せた。

 先発の能見は味方打線の大量援護に守られて再三、走者を背負いながらも粘りの投球。5回を9安打2失点で役目を果たした。そして6回からは安藤、松田、福原とつなぎ、9回は守護神・呉昇桓(オ・スンファン)が登板。レギュラーシーズンから11試合連続登板で、ソロ2発を被弾したもののリードを守り切った。

 阪神は和田政権3年目で初となる9年ぶりの日本シリーズ進出。バースらを擁した1985年以来、29年ぶりの日本一を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年10月18日のニュース