中田 プロ野球新4戦連発!中西太、バースの3戦連発を更新

[ 2014年10月18日 05:30 ]

<ソ・日>6回1死一、二塁、左越えに4戦連発となる3ランを放つ中田

パ・リーグCSファイナルS第3戦 日本ハム12-4ソフトバンク

(10月17日 ヤフオクD)
 日本の「ミスター・オクトーバー」襲名だ!パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は17日、第3戦が行われ、日本ハムが4本塁打と打線が爆発し、ソフトバンクに2連勝。対戦成績を2勝2敗(ソフトバンクのアドバンテージ1勝を含む)のタイとした。中田翔内野手(25)が6回にポストシーズン新記録となる4試合連発の3ラン。いよいよ、手がつけられなくなってきた。

 豪快なフルスイングではなかった。コンパクトなスイングで叩いた打球は軽々と左翼席へ飛び込んだ。敵地のスタンドからため息がこぼれる中で、中田は貫禄を漂わせながらベースを回った。

 「一発を狙っていたならば、もっとバットを振っている。結果的に本塁打になっただけ。いい意味で余裕がある」

 6点リードした6回1死一、二塁からダメ押しの3ラン。これで、オリックスとのファーストSから4戦連発となった。ポストシーズン史上初の快挙。怪童・中西太、最強助っ人・バースらが記録した3戦連発をあっさりと更新してみせた。それでも当の本人は記録には無関心。「チームが勝つためにやっている。何試合連続とか頭に入っていない」。一発を欲しがらずに、一発を打てるところが好調の要因だ。

 リーグ優勝を飾った12年のポストシーズンも打ちまくった。巨人との日本シリーズでは左手甲を骨折しながらアーチをかけるなど、ここ2度のポストシーズンでは打率・304、5本塁打をマーク。元来、気分屋の中田には144試合のリーグ戦よりも、短期決戦は集中力をさらに研ぎ澄ますことができる舞台だ。

 燃える理由もある。今季限りで現役引退する稲葉と「一日でも長く一緒にプレーしたい」と口にする。そして、もう一つ。大阪桐蔭の先輩である阪神・西岡との約束だ。「“日本シリーズで一緒に戦うぞ”との言葉をもらっている」と打ち明ける。3月の巨人戦で守備中に味方と交錯し、グラウンドから救急車搬送される大ケガを負った先輩はこの日、日本シリーズに王手をかけた。

 大リーグでは、ポストシーズンが10月に行われることから、この時期に強い選手を「ミスター・オクトーバー」と呼ぶ。77年ワールドシリーズで4打席連続アーチを放ったヤンキースのレジー・ジャクソンが元祖だ。そんな伝説のスラッガーに中田の姿を、栗山監督は重ね合わせる。「一日一善では駄目。中田翔の力を考えたら4試合連続でなく、4打席連続ぐらい打たないと…」。今の中田ならば、そんな快挙も不可能でない。しびれる10月の戦い。中田のバットは誰も止めることができない。

 ▽ミスター・オクトーバー 大リーグでは、ポストシーズンにめっぽう強い男の称号。ヤンキースなどで活躍したレジー・ジャクソン=写真=が元祖。77年のドジャースとのワールドシリーズ第6戦では、前の試合の最終打席からの4打席連続本塁打で15年ぶりの世界一に導いた。日程の都合で3試合が11月に行われた09年ワールドシリーズで、3本塁打しMVPのヤンキース・松井秀喜は「ミスター・ノーベンバー」と呼ばれた。大リーグのポストシーズン連続試合本塁打は、04年アストロズのカルロス・ベルトラン(現ヤンキース)の5試合連発。

 ≪4試合連続は最多記録≫中田(日)がファーストステージ第3戦から4試合連続本塁打。プレーオフ、CSでは08年ウッズ(中)が第1S第2戦から第2S第1戦でマークした3試合連続を抜く最多記録となった。また同一ステージ3戦連発も中田が初めてだ。日本シリーズでは58年中西(西鉄)、85年バース(神)、00年城島(ダイエー)、03年金本(神)の3試合連続が最多。中田がポストシーズン4戦連発のプロ野球新記録を達成した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月18日のニュース