ソフトB「不敗の女神」若田部遥、CS第5戦中継に出演決定

[ 2014年10月18日 17:27 ]

HKT48の若田部遥

 福岡に活動の拠点を置くHKT48の若田部遥(16)が19日に「TOKYO MX」で中継されるパ・リーグクライマックスシリーズ(CS)第5戦に出演することが決まった。

 父親は福岡ダイエーホークスの元エースで通算71勝の若田部健一氏(45=解説者)。今年5月、東京のテレビ局「TOKYO MX」のソフトバンク戦中継で、健一氏が解説、遥がリポーターを務める「父娘中継」がスタート。遥が出演時のソフトバンクは7勝1分け。5度の逆転勝利、うち2試合がサヨナラ勝ちだったことから、ファンの間で「不敗の女神」と評判になった。

 18日の第4戦で白星を挙げたソフトバンクは、1勝のアドバンテージを含めて対戦成績を3勝2敗とし王手。“女神”の力も借りて日本シリーズ進出を狙う。

 ◆若田部 遥(わかたべ・はるか)1998年(平10)9月26日生まれの16歳。福岡県出身。2011年7月、HKT第1期生オーディションに合格。同年11月、福岡市のHKT劇場での公演でデビュー。チームHに所属。愛称・わかちゃん。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月18日のニュース