早くも来季へ動いた!広島 大型中継ぎ左腕を獲得

[ 2014年10月18日 05:30 ]

広島が獲得したセットアッパー候補のザガースキー(AP)

 広島は17日、来季の新外国人として、ブルージェイズ傘下3Aバッファローのマイク・ザガースキー投手(31)との契約に合意したと発表した。1年契約で、契約金2万5000ドル(約265万円)、年俸42万5000ドル(約4505万円)プラス出来高払い。背番号は未定。

 ザガースキーは1メートル83、109キロの大型左腕。直球は最速152キロを誇り、スライダーやチェンジアップなど多彩な変化球も武器にしている。07年5月にフィリーズでメジャーデビュー。全て救援でメジャー通算89試合に登板し、1勝0敗、防御率7・05だった。セットアッパーとして期待され、球団首脳は「四球で崩れるタイプではない」と評した。今季はシーズンを通して働いた左腕はおらず、左腕の補強が大きなテーマだった。

 2年連続3位に終わった広島は来季24年ぶりの優勝を目指しており、緒方新監督にとっては最初の補強となった。球団には投手の補強を要望。就任3日目で早くも朗報が舞い込み「これで終わらないでしょう」とさらなる補強に期待を寄せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月18日のニュース